設計士ブログ

2022.03.25 盛下
木を外壁に使いたい! 

こんにちは!
設計・インテリア担当の盛下です。

 

 

 

久しぶりのブログ更新になってしまいました。。。

 

 

久しぶりのブログなのでテーマは、
お客様からよくご相談いただく

内容にしようと思います!

 

 

最近、
「外壁に木とか使いたいなあ!

でも劣化しますよね?」

とのお声がとても多いです。

 

 

確かに、木を採用されているお家は

そこまで多くなく、

 

メンテナンス面や外観の

どの部分に採用するか、など

分からないこともたくさんありますよね!

 

 

 

そこで今回は、

「外壁に木」を使うときのポイントを

事例写真と共にご紹介していきます!

 

 

 

 

まずは外壁のメインに木を使う外観から。

 

木を外壁に使ったコテージのような煙突のある平屋外観

 

アウトドアな雰囲気が出て

インパクトがあります!

 

 

 

ただ、垂直面に使いすぎると日光などで、

木の劣化が早くなってしまうので、

すこし壁を斜めにしています。

 

 

 

対策をしても劣化はするので、

玄関ポーチの中に使うことも、、、

 

斜めの壁が斬新なグリーンガルバリウムとグレーの塗り壁とレッドシダ―板張りの二階建て

 

 

 

そして、軒の裏に使うことも!

天然木の軒天とウッドデッキがある平屋の中庭

 

やっぱり本物の木の質感は違いますね。

 

 

 

しかし、どうしても

メンテナンスは必要になります。

 

 

1年、2年に1回くらいは塗料を塗ると

比較的きれいな状態を保ちやすいかと思います。

 

 

メンテナンスをしていても

劣化はしてしまうので、

 

 

「木は使いたい!

でもメンテナンスはしたくない!」

という方は木目調のサイディングもお勧めです!

 

 

 

神島化学工業の木目調サイディングのアルテミュールとアルデザート

 

これは、神島化学工業さんの

「アルテミュール」と

「アルテザート」という商品です。

 

見た目が本物の木に近く、
少し距離がある軒の裏などなら

言われなければ、わからないかもしれません。

 

すごいですよね!

 

 

 

年々、魅力的な外壁材が増えています!

 

 

今後はもっと木風の外壁が

増えてくると思っています。

 

 

 

もちろん見た目は大事ですし、

個人的にはこだわりたいですが、
メンテナンスもとても大切です。

 

 

 

「木は使いたいけど、

メンテナンスはしたくない。。」

など、できるかわからないことも

ぜひ一度設計士に相談してみてください。

 

 

 

もしかしたら、いい提案があるかもしれません!

 

 

 

盛下

「無料相談会の予約を
したいのですが…」と
お気軽にお電話ください!

各務原オープンスタジオはOPEN前のため電話は別店舗へ転送されます

無料相談会のWeb予約はこちら

お電話はお客様専用となっております。お急ぎの場合を除き、業者様におかれましては、こちらよりメールにてご連絡をお願いいたします。

LINE公式アカウント見学会情報はこちら! LINE公式アカウント見学会情報はこちら! Instagramアカウント最新施工事例はこちら! Instagramアカウント最新施工事例はこちら!
施工エリア

施工エリア

  • 岐阜県

    岐阜市 / 各務原市 / 多治見市 / 可児市 / 土岐市 / 大垣市 / 羽島市 / 関市 / 海津市 / 瑞穂市 / 美濃市 / 山県市 / 本巣市 / 美濃加茂市 / 瑞浪市 / 富加町 / 坂祝町 / 関ヶ原町 / 垂井町 / 池田町 / 七宗町 / 川辺町 / 八百津町 / 御嵩町 / 大野町 / 神戸町 / 北方町 / 安八町 / 養老町 / 輪之内町 /岐南町 / 笠松町 / 揖斐川町 /

    (恵那市は施工できるエリアを限定させていただいております。詳しくはお問い合わせください。)

    岐阜県
  • 愛知県

    犬山市 / 江南市 / 一宮市 / 稲沢市 / 愛西市 / あま市 / 清須市 / 北名古屋市 / 岩倉市 / 津島市 / 大治町 / 大口町 / 扶桑町 /小牧市/

    (今日現在のでの施工可能エリアとなります。今後の社内体制により、施工エリアは変更になる可能性があります。ご容赦くださいませ。)

    愛知県