設計士ブログ

2021.10.03 渡辺
ガラスの話

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

設計・インテリア担当の渡辺です。

 

 

 

 

今日はお天気も良く、

秋らしくなってきましたね。

 

 

 

 

今日は、『ガラス』についてお話ししたいと思います。

サッシに使うガラスは主に3種類あります。
お部屋や用途、周辺環境によってガラスを使い分けます。

 

 

 

 

 

まず、透明ガラスです。
名前のまま透明ですので、

外の景色を見たい場所、

直射日光を入れたい場所に使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

日差しが直接入ってきますので

晴れた日は明るくなりますが、

日射遮蔽を考えて設計をしないと

季節によっては過ごしにくくなります。

 

 

 

 

 

また、日焼けも気になるところですが、

グランハウスは紫外線を約70%カットするガラスを

全ての窓に標準で採用していますのでご安心ください。

夜は外から室内が見えますので、カーテン等は必須です。

 

 

 

 

 

次に型板ガラスです。
表面に凹凸を付けて外から見えにくくしたガラスです。

ガラスに近づかない限りほぼ見えませんので、

お風呂やトイレなどの水回りや、収納などに使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、隣のお家が近い場所や、

人通りの多いところに面した場所にも使います。

光がガラス表面の凹凸で拡散されて室内に入ってきますので、

場合によっては透明ガラスより明るく感じます。

 

 

 

 

 

最後に、フロストガラスです。
すりガラスと同じように見えますが、厳密には違うガラスです。

すりガラスは表面がざらざらしていますが、

フロストガラスは滑らかになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、型板ガラスよりさらに見えにくくなっています。

入ってくる光もやわらかい光になりますので、

室内からの見た目を重視して使うことが多いです。

ただ、希望のサイズがなかったり

金額が上がることもあるので、担当設計士にご相談ください。

 

 

 

 

 

これらとは別に、室内で使うガラスも沢山あります。
その中でもよく使うのがモールガラスとチェッカーガラスです。
見え方に変化があるのでどれにしようかよく迷います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジオにはサンプルもありますので、

見え方を確認しながら打合せできます。ぜひお声がけください。

 

 

 

 

 

渡辺

 

 

 

 

 

 

 

「無料相談会の予約を
したいのですが…」と
お気軽にお電話ください!
無料相談会のご予約はこちら

お電話はお客様専用となっております。お急ぎの場合を除き、業者様におかれましては、こちらよりメールにてご連絡をお願いいたします。

施工エリア

施工エリア

  • 岐阜県

    岐阜市 / 各務原市 / 多治見市 / 可児市 / 土岐市 / 大垣市 / 羽島市 / 関市 / 海津市 / 瑞穂市 / 美濃市 / 山県市 / 本巣市 / 美濃加茂市 / 瑞浪市 / 富加町 / 坂祝町 / 関ヶ原町 / 垂井町 / 池田町 / 七宗町 / 川辺町 / 八百津町 / 御嵩町 / 大野町 / 神戸町 / 北方町 / 安八町 / 養老町 / 輪之内町 /岐南町 / 笠松町 / 揖斐川町 /

    (恵那市は施工できるエリアを限定させていただいております。詳しくはお問い合わせください。)

    岐阜県
  • 愛知県

    犬山市 / 江南市 / 一宮市 / 稲沢市 / 愛西市 / あま市 / 清須市 / 北名古屋市 / 岩倉市 / 津島市 / 大治町 / 大口町 / 扶桑町 /小牧市/

    (今日現在のでの施工可能エリアとなります。今後の社内体制により、施工エリアは変更になる可能性があります。ご容赦くださいませ。)

    愛知県