設計士ブログ

2021.02.16 渡辺
窓から見えるもの

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

設計・インテリア担当の渡辺です。

 

 

 

 

 

暖かくなってきましたね。

現場へのドライブが気持ちのいい季節が

やってきました。

 

 

 

 

さて、今日は昨年末に完成をした

岐阜市のお家をちょこっとご紹介します。

 

 

 

 

 

このお家が建っている場所は、

周りに家がなく、畑が広がるロケーションです。

はじめてこの土地を見に行った帰り道、

ドライブをしながら

このロケーションを活かすなら…

と、わくわくしたのを覚えています。

 

 

 

 

 

そして、このロケーションを大切に

考えながらいろいろな窓の取り方をしました。

 

 

 

 

まず障子のある窓です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはウッドデッキへの出入口です。

テレビの横で、かつ南西の方角になるので、

西日が眩しくないように障子を入れました。
障子の奥にはウッドデッキと畑が広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽が上がっている間は

障子を開けて、景色を楽しむのもいいです。

 

 

 

 

次は出窓です。

 

 

 

 

 

 

 

 

椅子に座った目線で外が見えるように

窓の高さを調整しました。
ここから見えるのは堤防です。

春になって緑一色になるとより綺麗ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は中庭に面した窓です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前に写っている畳は、

小上がりになっている和室です。

その奥の通路に中庭に出られる

掃き出しの窓がついています。

 

 

 

 

和室の障子を閉めれば、

中庭からの光が柔らかく和室に入ってきます。

障子を開ければ、中庭を眺められます。

お庭は今工事中ですが、素敵に仕上がる予定です。

畳に座って庭を眺めながら過ごす時間が想像できますね。

 

 

 

 

窓の奥に見える世界を大切に設計をすると

自然と、生活の中で緑や空が感じられ

心地のいい空間になります。

 

 

 

 

ゆるやかに、心地よく暮らしたい

とお考えの方はぜひご相談ください。

 

 

 

 

渡辺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「無料相談会の予約を
したいのですが…」と
お気軽にお電話ください!