設計士ブログ

2020.05.17
窓の意味 盛下

こんにちは!
設計インテリア担当盛下です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日お客様と、

引渡し前のお家へ見学に行ってきました!

お客様の中で一番印象的だったのは、
LDKと広いお庭をつなぐ大きな窓でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この大きな窓からは春の暖かい太陽の光や、
気持ちのいい風が入ってきます。

本当に心地の良い空間でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように住みやすいお家を作るためには
窓の設計はとても重要です。

(大きさ、位置、高さ、開き方等々、

長くなってしまうので、詳しくはまた別の機会に…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な窓がありますが、

例えば…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇借景用の窓

敷地調査をしている段階で

その土地の景色を生かす窓の配置を考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇子供部屋の窓

お子様の部屋も

対角に窓も設ける事や、窓の開き方等、
風通しの良い窓配置を心掛けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇外観から見た窓

窓の位置や大きさは

バランスを見て決めています。
あと10センチ右かなあ…

など絶妙なバランスで決めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇造作洗面の窓

窓からの自然光と照明のあかりが

干渉しないように窓の高さを調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな窓も、ひとつひとつ

意味を持って設計していく事が
住みやすくてちょっとかっこいいお家

になるポイントです!

 

 

 

 

 

 

 

窓に役割を持たせ、

設計することが大切ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる方は、
設計士に「この窓はどういう窓?」

と聞いてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「無料相談会の予約を
したいのですが…」と
お気軽にお電話ください!