設計士ブログ

2019.03.08
和室と畳の取り方 福嶋

こんにちは!
設計・インテリア担当の福嶋です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう3月ですね!

 

 

 

 

 

 

花粉の季節がやってきました。
今年は特にひどいみたいで、

花粉症のスタッフやお客様を見ていると

こちらが辛くなります…(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は和室の取り方

についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ和室でも

住む人によって使い方は色々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

ご両親やお友達が泊まりに来た時用に

「客間」として使ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合は、

リビングとは分けて個室として

計画した方がプライベートを確保できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対に、リビングと一体で使う取り方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この和室のメリットは、

普段は一体で使えるため

LDKが広く感じられるところです!

 

 

 

 

 

仕切られるように扉をつけておけば、

客間としても使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「個室まではいらないけど、

スペースは欲しいな~」

 

 

 

 

 

という場合は”タタミコーナー”

をつくってもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごろごろしたり、洗濯物をたたんだり、

小上がりにすれば腰掛けたりもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「常に畳で生活したい!」という方は

リビングを畳敷きにするのはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、い草の畳ではなく

樹脂畳を使うことが多いので

色のバリエーションもたくさんあります!

 

空間の雰囲気に合わせてご提案しています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、家づくりの参考にしてみてください^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福嶋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「無料相談会の予約を
したいのですが…」と
お気軽にお電話ください!
WEBからのご予約はこちら