白いタイルにハマってます。 福嶋

投稿日:2017年12月25日

 

 

こんにちは!

グランハウスの福嶋です!

 

 

 

 

 

今日は最近ハマっている

「白いタイル」の魅力をご紹介します。

 

 

 

 

タイルはアクセントとして彩りのあるものを

使うことが多いですが、’白’はさりげない

ポイントとなって空間に馴染みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ白でもカタチや質感は様々。

 

 

長方形、正方形、マットなものや

光沢のあるもの、などなど。

 

 

貼り方や目地(タイルの間の線)の色でも

違った雰囲気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近見つけたお気に入りがこちら(#^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平田タイルの「Canon」。

 

 

3種類の四角形が色々なパターンで並んでいて

とても可愛らしいです♪

 

とことどころに質感の違うタイルがあるのもポイント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンバックや洗面所に人気なのは

平田タイルの「Paletta」

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな長方形のタイルで目地は

ライトグレーにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは正面はスティック状のタイル、

カウンターは正方形のタイルの組み合わせです。

 

 

目地もホワイトにすると爽やかで清潔感がでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スティック状のタイルを

こんな風に貼ってみてもかわいいです(^^)

 

 

 

タイル選びは実際にサンプルを見比べながら

お打ち合わせします。

 

 

 

 

 

 

まだまだおすすめタイル探し中です!

 

 

毎回、ご提案するのが楽しみです(^o^)

 

 

また、おすすめのタイルが見つかったら

ご紹介しますね~(^.^)/~~~

 

 

 

 

 

 

設計・インテリア担当 福嶋知子

 

 

 

シンプルでおしゃれなペンダントライト 福嶋

投稿日:2017年12月14日

こんにちは

グランハウスの福嶋です!

 

 

 

 

 

今日は前回に引き続き、

ペンダントライトのお話です!

 

 

 

 

ペンダントライトのなかにも、

色々なデザインのものがあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、よくおススメしている

ペンダントライトをご紹介します。

 

 

 

 

まず、こちらは世界中で人気のペンダントライト

ルイス・ポールセンの「PH5」

 

 

 

 

 

 

 

 

電球を包み込むようなデザインで、

食卓を柔らかな光で照らします。

 

 

照明を消しているときでも、

インテリアの一部として空間の質を上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

真鍮で有名な「FUTAGAMI」さんのペンダントライト。

 

 

 

 

 

 

和風なお家にも合います。

 

小ぶりなものは玄関やトイレにアクセントとして吊るしてもおしゃれです!

 

 

 

 

 

 

 

flameさんの「basque/バスク」

 

 

 

 

ホーローのペンダントライトです。

 

 

表面の釉薬のムラのある質感や

真鍮のアクセントも魅力的。

 

 

 

使っていく中での経年変化も楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はgrafさんの「waft」

 

 

 

 

 

波打つようなかたちが特徴。

 

 

これは「へら絞り」と呼ばれる加工技術で、

一点一点職人の手で製作されています。

 

 

シンプルだけど柔らかさのあるデザインがステキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明はお部屋の雰囲気や使う場所によって、

合うデザインや大きさも様々なので
空間に合わせてご提案させていただきます。

 

 

インテリアショップなどで気になる照明があれば、

ぜひ教えてください♪

 

 

 

 

 

グランハウス 福嶋知子

 

 

 

 

土地の造成って大事です! 桐山

投稿日:2017年12月05日

 

こんにちは。

グランハウスの桐山です。
いつもブログを読んでくださり、
ありがとうございます!!

 

 

今日は造成工事について。

 

 

 

現在瑞穂市で新築工事中の土地ですが、

土地を購入される前はこんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地探しの時、

立地や方角、利便性は分かりやすくても、

造成後のイメージや、それにかかる金額って

わかりにくいですよね。

 

 

 

 

 

できるだけイメージがしやすいように、

土地を買われる前に、プランを描いて、

造成費用や諸費用もみるようにしますが

 

 

それでもイメージはしにくいものです。

 

 

 

『よくこの土地に建物が建つイメージができるな~』

 

と、お客様のイメージ力のすごさを

日々実感しています。。。苦笑

 

 

 

 

 

 

小声:もっとイメージしやすいご提案、

   がんばります。はい。。。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにアフターはこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ。土がちょっと少なくない??

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫です。

 

 

 

 

 

建物の基礎工事をする際は通常、

土をたくさん掘るので、その分、土が余ります。

 

 

 

その土は『残土』と言って、

せっかく造成で入れた土も、

捨てないといけないのです。

 

 

 

 

しかも!!!

残土処分費は結構な金額します。

 

 

 

せっかくお金を払って造成したのに、

それを捨てるのにまたお金を払うなんて。。。

 

 

 

 

 

 

なので、それを少しでも防ぐために、

残土を計算して、できるだけ余分がでない

ように造成するようにしています。

 

 

 

例えば、

基礎工事をするのに『10』の土が出るなら、

造成の段階で『10』の土を減らして工事します。

 

 

 

 

 

これなら残土処分費も少しは浮きますし、

造成の土代も少し浮きます。ヤッター!!

 

 

 

 

 

これも設計士と直接打ち合わせができる

設計事務所ならでは。なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

とにかく!

いいモノを少しでもお値打ちにご提案できるように

日々勉強です!!!!!

 

 

 

 

 

 

次回の投稿もお楽しみに~(^O^)/
それではまた!

設計士とつくるデザイナーズ住宅

グランハウス
設計士 桐山卓也

桐山のInstagramはこちら↓↓をクリック!!
https://www.instagram.com/kiri2chan/?hl=ja

 

 

 

 

 

お気に入りの設計ポイント 渡辺

投稿日:2017年11月24日

 

こんにちは。

設計士の渡辺です。

 

 

寒くなってきましたね。

 

 

やっぱり岐阜の冬は寒い。。。

風邪ひかないように気をつけます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は、

最近のお気に入りをいくつかご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずこれはカップ型の手洗い器です。

 

 

手を洗うのが楽しくなりそうです。

取り付け方によっては取っ手部分に

タオルを掛けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は有孔ボード。

 

 

 

壁の一部に使用してます。

専用のフックがいろいろ発売されていて、

物を飾るのにとてもいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は鉄骨の階段です。

 

 

極力鉄の部分を細くしているのがお気に入りです。

重く見えがちな鉄骨階段がシャープにすっきり見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次が色を付けた窓枠です。

 

 

 

通常は枠を四方回さない事が多いのですが、

これは敢えて回して色を付けています。

 

写真では分かりにくいのですが、スカイブルーの色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は銀色ガルバの横張りです。

 

元々横張りは好きなのですが、

黒っぽい色が多くてシルバー色は新鮮です。

 

 

表面が少し不陸に見えるのもお気に入りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

如何でしたか?
使ってみたいなぁって思われたら、

グランハウスのスタッフまで(笑)

 

今後もお気に入りの設計をアップしていきますので、

お楽しみに~!

 

 

 

渡辺

 

 

 

 

 

 

障子のある家 若原

投稿日:2017年11月17日

 

こんにちは。

設計・インテリア担当の若原です。

 

 

いつもブログをご覧いただき

ありがとうございます!!

本日は、障子を使用したお家をご紹介!^^

 

 

「障子といえば和室!」というイメージがあるかと思いますが、

リビングにどーんと使用したお家がこちら↓

 

 

 

 

 

シンプルな空間に、障子がインテリアの一部になり、
ホッと落ち着くような雰囲気を演出してくれています。

 

 

ちなみにお施主様は、無印〇品がお好きで、

その雑貨に合うお家になってます。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして障子を通す日差しが、柔らかくて温かく感じます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、

 

 

 

 

『障子は破れるのが嫌だ』

 

 

 

 

と、よく言われますが、

最近よく使われる障子は、
「ポリカ」や「ワーロン」など、

プラスチックのような素材でできていて破れにくいので、

小さなお子様がいる家庭でも安心です♪

 

 

 

 

 

 

 

さらに、この障子の先には広々とした縁側。

 

 

 

 

 

 

ずっと住む家だから
長く住んでも飽きないようなデザインにしたいという方、

 

 

 

これだけの障子を入れても和過ぎず、

シンプルできれいなお家にはできます。

 

 

それには色々なテクニックやコツがあります(*^^)v

 

 

本日のブログはこのへんで^^

また更新します!

 

若原

 

 

 

 

 

5 / 13« 先頭...34567...10...最後 »