工務ブログ

2017.05.31
細部こだわり 仁木

 

こんにちは。
現場担当の仁木です。

 

 

だんだん気温が上がってきて、

太陽の日差しもかなり強くなってきましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はお家の中の細部にこだわったところ、

【見付け】について

皆さんに紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

見付けとは、簡単に言うと、

部材が見える部分の厚みのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば通常の「ひな壇階段」

はこのような感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも十分きれいですね!!

かわいいイメージには合うかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、もっとシャープにしたい場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見比べるとわかると思いますが、

 

「見付け」が細くなり、

かなりすっきりしたデザインになります。

 

 

 

 

 

 

窓枠・4方枠はこのような感じですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここも先ほどと同様、

「見付け」を薄くすると・・・

 

 

 

 

 

こんな感じです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧の通り、見付けにこだわるだけで、

お家の中の表情が変わってきます。

 

 

(木の枠をつけないというのも

きれいなのでおすすめです!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち現場は、

設計士がお客様と作り上げた図面を

現場で形にすることが仕事ですが、

 

ただ、図面通り工事を進めるだけでなく、

 

 

皆さんのお家がさらにかっこよく、

お好みのデザインになるように

設計だけでなく現場サイドからも

どんどん提案していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

その分、現場もセンスが大事なので、

私たちも、設計スタッフから日々

学んでいます。汗

 

 

 

 

 

今後もそういった

現場目線のこだわりを

ご紹介していこうと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この間の記事の続編

その後、

しっかりトイレ掃除をしました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランハウス 仁木

「無料相談会の予約を
したいのですが…」と
お気軽にお電話ください!
WEBからのご予約はこちら