関市にグランハウス!? 上谷

投稿日:2017年06月30日

 

こんにちは。

 

現場担当の上谷です。

 

 

 

 

今日は現場を飛び出し、

設計の桐山と外構屋さんと一緒に、

関市でご新築予定のお客様の敷地調査へ

行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地の幅などの寸法、光の入り方、

風の通り方、近隣の状況などは当然ですが、

 

道路の幅、インフラの状況、地域の規制等、

そして敷地の高さなど。家を建てる前に

確認しなければならない事はいっぱい。

 

 

 

場合によってプランの変更や工事内容、

もちろん、それによっては追加の費用が

発生してしまいます(汗)

 

 

 

 

 

(これ、意外とよくあるんです。。。)

 

 

 

 

 

なので、できるだけそういったことに

ならないように、、、

 

 

 

グランハウスでは、自社設計をするだけでなく

工事も自社で行うというシステムを活かして、

 

最初の段階から、多くの目線で、

土地や建物の検討していきます。

 

 

 

 

 

 

 

何事にも多くの目で確認する事が大切ですね。

 

 

 

 

 

 

私の場合は、工事の目線で土地を

見てしまいがちですが、設計目線の意見で

気づかされることも多々あります。

 

 

もちろん、逆も然りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

日々勉強ですね(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月頃の着工を目指して、プラン中です。

 

 

 


担当設計士もさることながら、

お客様もセンス抜群なお洒落夫婦ですので、

きっとおしゃれな家になると思います。

 

 

 

最後に模型をチラリと。

 

 

 

 

 

 

保育担当が一生懸命作ってくれました^^

出来はもちろんまだまだだけど、

愛情と一生懸命さが伝わってきます。

 

 

 

これも日々勉強!がんばれ!

 

 

 

着工予定物件もかなり増えてきてますので、

きっちり工事をして、たくさんの

お客様に喜んでいただきたいです!

 

 

 

頑張ります!!

 

 


上谷

 

 

ついに完成…?  上谷

投稿日:2017年06月21日

 

こんにちは。
現場担当の上谷です。

 

僕のブログはいつも余談ばかり・・・

 

 

 


なので今日はいきなり本題へ!

 

 

 

 

 

 

岐阜市柳津町Sさま邸、

3月に着工してから長らく足場が

掛かっていましたが・・・

 

 

 


ついに先日、足場取れました!!!

 

 

 

 

 

 

BOXタイプの外観に斜めに貼った

 

レッドシダの羽目板がカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁はベルアート塗り壁仕上げ。
色は上品なベージュ系。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真ではなかなか伝えきれないですが、

写真以上に実物はもっと迫力大!です。

 

 

 

 

 

内装は今月いっぱい掛かりますが、

 

オークの床材、鉄骨階段とこだわり

 

満載って感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月に完成見学会、やります。

ご興味ある方はぜひご予約ください^^

 

 

完成見学会について↓↓

http://granhouse.co.jp/2017/06/18/

 

 

 

 

現場担当 上谷

 

造作家具もお任せあれ

投稿日:2017年06月13日

 

 

 

こんにちは。

 

現場担当の上谷です。

 

 

 

 

 

 


あっという間に6月に入り・・・

 

 

 


今月でめでたく30歳になります(*_*)


20代よ、また来世で会いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と、余談はほどほどにして。

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜市柳津町のS様邸、

こだわりの造作家具がついに施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使った材種はタモ材。

 

 

 

 

 

 


重厚で狂いが少ない為、家具に適した木材です。

 

 


身近なところでは

バットやラケットにも使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいところにも大工さんの技とこだわりが

 

詰まってとても丁寧に作られてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この溝に背板(白っぽい板)が差し込まれ

ていますが、これは家具を固定するた為に

使われている木の支え(細い棒)を隠すものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に大工の濱さんが作業している姿を隠し撮り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も丁寧な仕事をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月はクロスにタイルに塗装と

仕上げ工事が目白押し。

 

 

 

 

 

完成が本当に楽しみです。

 

 

 

 

上谷

 

 

 

 

 

外壁勉強会に参加してきました! 上谷

投稿日:2017年06月04日

 

こんにちは。
工事担当の上谷です。

 

 

 

 


5月にオープンしてあっという間に6月。

 

 


スタジオ前の田んぼにも水が張られて、

夜はカエルの鳴き声が

聞こえるようになりました。

 

 

 

 

 


さて、先日お世話になっている業者さんから

ご招待いただき、ガルバ外壁工事の勉強会に

参加してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日の勉強会内容はこのカッコイイ

ガルバリウムでできた外壁の施工についてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


外壁の施工は一歩間違えると

雨漏れの原因に繋がります。

 

 

 

 

 


怖いですよね。

 

 

 


いくらオシャレな家でも雨漏れしたら

台なしです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


目には見えなくなってしまう所だからこそ、

正しい知識と施工方法を身につけて

施工しなければいけません。

 

 

 

 


それが僕の仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


施工の立場からお客様へお伝えできる事が

たくさんあると思っています。

 

 


時には施工の立場から、

お客様のご希望に添えない事も・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


でもグランハウスとしては、

長く住んでいただきたい家だからこそ、

そんなお話もとっても大切な事だと思っています。

 

 

 


間取りや仕様を打合せ中のお客様にも

顔を出せていけたらと思っていますので、

どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

上谷

 

 

 

 

細部こだわり 仁木

投稿日:2017年05月31日

 

こんにちは。
現場担当の仁木です。

 

 

だんだん気温が上がってきて、

太陽の日差しもかなり強くなってきましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はお家の中の細部にこだわったところ、

【見付け】について

皆さんに紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

見付けとは、簡単に言うと、

部材が見える部分の厚みのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば通常の「ひな壇階段」

はこのような感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも十分きれいですね!!

かわいいイメージには合うかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、もっとシャープにしたい場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見比べるとわかると思いますが、

 

「見付け」が細くなり、

かなりすっきりしたデザインになります。

 

 

 

 

 

 

窓枠・4方枠はこのような感じですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここも先ほどと同様、

「見付け」を薄くすると・・・

 

 

 

 

 

こんな感じです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧の通り、見付けにこだわるだけで、

お家の中の表情が変わってきます。

 

 

(木の枠をつけないというのも

きれいなのでおすすめです!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち現場は、

設計士がお客様と作り上げた図面を

現場で形にすることが仕事ですが、

 

ただ、図面通り工事を進めるだけでなく、

 

 

皆さんのお家がさらにかっこよく、

お好みのデザインになるように

設計だけでなく現場サイドからも

どんどん提案していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

その分、現場もセンスが大事なので、

私たちも、設計スタッフから日々

学んでいます。汗

 

 

 

 

 

今後もそういった

現場目線のこだわりを

ご紹介していこうと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この間の記事の続編

その後、

しっかりトイレ掃除をしました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランハウス 仁木

4 / 6« 先頭...23456